不動産売却時のリスク

不動産売却する際のリスクとは?知っておいて損はありません。 - 不動産売却時のリスク

不動産売却時のリスク

これから不動産売却(査定)を考えている人はメリットだけでなくリスクも考えたほうがいいでしょう。
リスクについてここでは見ていきましょう。

不動産売却時のリスクは?

リスクというのはどのようなことが当てはまるのでしょうか。例えば不動産売却が成功するかどうか、それは相場によって決定されます。不動産売買といえば売る人と買う人が居るわけでそれぞれ希望が違っています。売る人は1円でも高く売りたいと思いますし、買う側としては1円でも安く買いたいと思うはずです。これらの条件を元にして売主と買主が取引をして売買する金額は決定されます。不動産売買は不動産会社がそれぞれについていることも特徴です。そして会社も同じように高く売りたい、安く買いたいと思っているのです。ですから全部で4者間において決定するといってもいいでしょう。

相場を考えずに売ると

相場を知ることはとても大事なことです。もしも相場を考えることなく高く売れるかもしれない、早く買い手が見つかるかもしれないと焦って見切り発車してしまうことこそがリスクのひとつめと言えるかもしれません。

売却額の設定について

リスクを回避させるためにはどうすればいいのでしょうか。それは売却額は自分が希望する金額ではないということです。最低額を決定することが重要です。不動産売却は売却で得たお金を何かほかに使おうと思っている人も多いでしょう。希望額を貫いてしまったせいで、買主からもっと大きな額の話が来るかもしれないと思っているとチャンスやタイミングを逃してしまうものなのです。希望する額はあまり過剰に設定せずに相場を知った上で設定する必要があります。

譲渡した物件の責任

そして万が一手放したあとに欠陥が発見されてしまった場合には買主がその事実を知り得てから2年以上の間において賠償責任がかかってきます。この責任は売主にかかってくるので注意が必要です。それ相応の対応を迫られると思っておいたほうがいいでしょう。不動産会社に売却をしていたのでしたらいいのですが、直接やり取りをした場合には物件のやり取りはいくら不動産会社が間に入っていたとしても販売した責任がかかってきますので注意が必要です。万が一対応をおろそかにしてしまうと裁判で訴訟されてしまうこともありますので、侮れません。

不動産売却と税金のリスク

売却の利益に所得税が係ることを知っているでしょうか?これもリスクというかデメリットに入るのではないでしょうか。取得費は売却で取得したお金になりますが、不動産が相続で取得してから3年以内なら相続師さん全体に対しての割合を計算して取得費になります。中古物件を購入すれば原価売却後の額を取得費とします。譲渡費用もかかります。売却の譲渡に必要になった費用です。仲介手数料や印紙代、測量費や建物を解体した場合に必要になったお金がこれにあたります。

知られていないリスクが色々とある

tyjtjd
不動産を売却するというとメリットが大きいと思われがちなのですが、メリットばかりではないということを理解しておいたほうがいいでしょう。売却のリスクがなんなのかまずは把握することが重要です。不動産売却では取り扱う金額はとても大きく、法律なども関係してきますので、あらかじめ準備をしっかりとしてリスクに備える必要があります。
不動産売却のリスクを回避するためにはこのようなリスクがあるということを理解する必要があるでしょう。
■お家を売りたいなら不動産売却査定君にお任せ!

更新情報

ページ上に戻る